=TOP= of K12

K12_2.jpg

歯磨き後に舐めるだけ

善玉菌

ヒト由来の乳酸菌

プロバイオティクスK12

 1瓶30粒入
 1日1粒 30日分



B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg

1粒に10億個以上の「K12」菌を含有している
「プロバイオティクスK12」を舐めることで
お口の中を最適な状態に整えます。

K12菌とは?

ニュージーランドのオタゴ大学での研究から、健常者の約2%に「非常に口臭を引き起こしにくい人」が存在し、その常在細菌を調べると、有害な悪玉菌の増殖を阻害することのできる唯一の口腔内の善玉菌「ストレプトコッカス・サリバリウスK12菌」(K12菌)を保有していることがわかりました。K12菌は2種類の天然ペプチド抗生物質を生産し、病気の原因となる有害なバクテリア(悪玉菌)の増殖を抑制することで、口腔内に棲んでいる歯周病菌をはじめとする悪玉菌を排除するのです。


歯磨きだけでは不十分


GTY0017404102 (2).jpg


毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまった・・・

夜しっかり歯磨きしたのに朝起きた時の口臭がヒドイ・・

歯磨きしても口の中がすぐにベタベタする・・・



もちろん歯磨きは大切ですが、それだけでは
お口の中の善玉菌を増やすことはできません。

歯磨きの後に「プロバイオティクスK12」を舐めれば
「K12菌」が定着し、継続することでお口の中が
善玉菌優位に変化し、不快感改善され
気持ちの良い生活を送ることができます。

~「K12」ご愛用の皆様からの喜びの声~

ニオイ

■5歳の娘の口のニオイと虫歯が気になっていましたが、「K12」を舐めさせて良くなりました。さらに風邪もひかなくなり、今では家族全員で愛用しています。

■毎朝通勤時は父に駅まで送ってもらっているのですが、助手席に座っていても父の口のニオイが気になるほどでした。そのことを父には言いにくく悩んでいる時に「K12」のことを知り、これなら何とかなるかもと購入してみました。父には朝に、「K12」が何であるのかを伝えずに舐めてもらいました。1週間すると、いつものように送ってもらう時にニオイがしていないことに気づき、すごさを実感しました。後日、父に「K12」の事を伝えると、それからは自分から「K12」を舐めるようになり、私も一緒に舐め始めました。

■自分の口のニオイが気になり、痛くなかったが虫歯もあったので思い立って歯科に行きました。すると、先生が電子顕微鏡のようなもので私の口の中を拡大して画面に映されたのをみて、歯周病菌がたくさんいると言われビックリしました。帰って主人にその話をすると、「お前も使うか?」と、「K12」をすすめてもらい、歯科で教わった正しい歯磨き法で朝晩歯磨き、その後に「K12」を舐めることにしました。そして1ヶ月後、改めて歯科で口の中を拡大して見せてもらうと、歯周病菌がすっかりいなくなっており、先生と一緒に驚きました。

■中耳炎で困っていました。鼓膜再生手術を行いたいが、炎症がひどく手が付けられないと・・・。それと、最近自分でもわかるほど口臭がひどくなってきました。痰もよく出るようになりました。癌で亡くなった姉が病気になる前から口臭が出ていたのを思い出し、不安な気持ちでした。「K12」を食べ始めてから口臭が改善したのはもちろんですが、1本食べ終わるころには、中耳炎の炎症も治まっていたのです。気がつけば痰も出なくなっており、「K12」様々です。

腫れ

■歯茎が腫れて痛み、歯医者に通っても掃除と消毒ばかりで治る気配がありませんでした。「K12」を3ヶ月続けたところ、歯茎の腫れ、痛みも引いたようで喜んでいます。

■歯槽膿漏に良いと勧められ、「K12」を食べ始めました。初めは多めにと朝晩1粒ずつ舐めたところ、ぐらぐらで抜けそうになっていた歯が安定してきて驚いています。

炎症

■口内炎ができやすく、歯医者にかかっても解決できずに困っていました。「K12」のお陰で改善!本当に嬉しいです!

汚れ・ネバネバ

■口の中にはびこる歯周病菌やカンジダ菌などの悪玉菌対策に「K12」がよいと聞いて、食べることにしました。始めてから唾液がサラサラになり、口中がスッキリしています。それもあってか、体も元気になり、風邪をひきにくくなったと思います。食べるのを忘れたら、日中でも思い出したときに舐めるようにしています。


■毎朝オーラルケアのブラシで舌の掃除をしていました。「K12」を舐めるようになってから、掃除をしてもほとんど汚れが出なくなり、効果を実感しています。

※「ご愛用者の声」はあくまで個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません。

GTY0002748202 (2).jpg






プロバイオティクスK12 Q&A K12_2.jpg


Q:「K12」はいつ摂取するのが一番効果的ですか?

A:「K12」は夜の歯磨きの後に1粒、お口の中でゆっくり溶かすようにしてください。効果を高めたい方は、朝晩の歯磨きの後にお摂りください。


Q:「K12」は子供でも食べることができますか?

A:はい、お子様にもぜひ食べさせてあげてください。小さなお子様は、うまく歯磨きができません。歯磨き後に「K12」を1粒舐めさせてあげてください。


Q:毎日うがい薬で口内殺菌しています。

A:うがい薬などで口腔内を殺菌してしまうと、善玉菌までもが減ってしまいます。うがい薬を使用した後は、「K12」を舐めることをおすすめいたします。


Q:毎日舌ブラシで、舌のケアをしています。

A:舌ブラシは舌苔を除去するのに有効な手段ですが、舌はとてもデリケートなので注意が必要です。舌をゴシゴシ強くこすったり、あまり頻繁に掃除していると、味を感じる味蕾を損なったり、細菌などが繁殖しやすい環境になってしまいます。舌のケアは適度に行いながら、「K12」を舐めることをおすすめいたします。


Q:ミントの味が苦手なのですが。

A:「K12」はペパーミントの香料を使用していますが、優しいミント風味です。市販のミントのタブレットの様な刺激はございませんので、ぜひ一度お試しください。


Q:「K12」はインフルエンザ予防もできると聞きました。

A:「K12」を摂っているとインフルエンザ予防効果があることが、オーストラリアで行われた実験で明らかになりました。何もしていない小学生のインフルエンザ感染率が80%だったのに対し、K12菌を1週間以上摂取した小学生の感染率はたったの15%だったそうです。これは、K12菌によって口内の細菌バランスが整い、インフルエンザウイルスの侵入を阻止できたからだと考えられます。






プロバイオティクスK12

K12_2.jpg
 30粒入
1日1粒 30日分 





お召し上がり方:1日1粒を目安に、歯磨き後にお召し上がりください。


原材料:イソマルトオリゴ糖、乳酸菌(Streptcoccus salivarius K12)、結晶セル ロース、グルコン酸亜鉛、香料(ペパーミント)、ステアリン酸マグネシウム、 二酸化ケイ素、(原料の一部に乳を含む)